すると高天原はすっかり暗くなり、葦原中国あしはらのなかつくにもすべて闇になった。こうしてずっと夜が続いた。そして大勢の神々の騒ぐ声は夏の蠅のように充満し、あらゆる災いがことごとく起こった。そこで八百万の神々が、天の安の河の河原に集まり、高御産巣日たかみむすびの神の子、思金神おもひかねのに考えさせて、常世とこよ長鳴鳥ながなきどりを集めて鳴かせ、天の安の河の川上にある堅い岩を取り、天の金山かなやまの鉄を採って、鍛冶職人の天津麻羅あまつまらを捜して、伊斯許理度売命いしこりどめのに命じて鏡を作らせ、玉祖命たまのおやのに命じて八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを作らせ、天児屋命あめのこやねの布刀玉命ふとだまのを呼んで、天の香山かぐやまの雄鹿の肩の骨を抜き取り、天の香山のうわみず桜の木を取ってその骨を灼いて占わせ、天の香山の枝葉の茂った榊を根こそぎ掘り起こしてきて、上の枝には八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを取り付け、中の枝には八尺鏡やたかがみを掛け、下の枝にはこうぞの白い幣帛と麻の青い幣帛を垂れかけ、これらさまざまな物は、布刀玉命が神聖な御幣として捧げ持ち、天児屋命は神聖な祝詞を唱えて寿ぎ、天手力男神あめのたぢからをのは戸の脇に隠れて立ち、天宇受売命あめのうずめのは天の香山の日蔭鬘ひかげかずらたすきにかけ、天の真拆葛まさきかずらを髪飾りとして、天の香山の笹の葉を束ねて手に持ち、天の石屋戸いわやとの前に桶を伏せてこれを踏み鳴らし、神がかりして乳房を掻き出し、裳の紐を女陰まで押し垂らした。すると、高天原が鳴動するばかりに、八百万の神々が一斉にどっと笑った。

クリックで訓読文
クリックで原漢文
クリックで言葉

Sponsored Link

スサノオは、うけいに勝ったと一方的に宣言した後、勝ちさびに高天原で狼藉の限りを尽くしました。それを見たアマテラスは恐れて天の石屋戸(天の岩屋戸)にこもってしまいました。すると、高天原と葦原中国は闇に覆われてしまい、荒ぶる神々の騒ぐ声が世界に満ち溢れ、あらゆる災いが起きました。そこで八百万の神々は集結し、タカミムスビの子、思金神に解決策を考えさせました。思金神は一つの案を考え出し、それに従って神々は動き始めます。

葦原中国

葦原中国(葦原の中つ国)は、高天原に対する地上世界です。アマテラスの石屋戸ごもりの事件は高天原で起きたことですが、その影響は高天原のみならず、葦原中国にも及んでいます。全集記はこのことを、「天照大御神が天地の世界にわたる原理であることがそこに示し出される」と説明しています。

つまり、高天原のみならず、葦原中国も、アマテラスの存在によってはじめて秩序が保たれる世界であることをここで明確に示すことで、アマテラスの皇孫による葦原中国統治の正統性が担保されている、ということです。

常夜往

常夜往は、とこよゆく、と訓読します。常に夜である状態が続く、という意味です。「往く」は時間が過ぎていくことで、万葉集に、

とこしへに 夏冬行けや 裘(かはごろも) 扇放たず 山に住む人 (九・一六八二)

の用例があります。書紀では、「六合(くに)の内常闇にして、晝夜(ひるよる)の相代(あひかはるわき)も知らず」(本文)、「天下恆闇(とこやみ)にして、復晝夜の殊(わき)も無し」(一書第一)とあります。また、神功紀摂政元年二月の条に、

是の時に適(あた)りて、晝(ひる)の暗きこと夜の如くして、已(すで)に多くの日を経ぬ。時人の曰(い)はく、『常夜行く』といふなり。

とあります。

萬神之聲者、狹蠅那須滿、萬妖悉發

萬神之聲者、狹蠅那須滿、萬妖悉發は、萬(よろづ)の神の聲(おとなひ)、狭蠅(さばへ)なす満ち、萬(よろづ)の妖(わざはひ)悉(ことごと)に発(おこ)りき、と訓読します。

スサノオが海原分治の事依さしを聞かずに「泣きいさちる」場面にも、ほぼ同じ表現、

悪(あら)ぶる神の音(おとなひ)、狭蠅如(な)す皆満ち、萬の物の妖、悉に発りき。

が出てきました。

なお、宣長は、この最初の表現と、この段の「爾(すなは)ち高天原暗く、葦原中国(ことごと)に闇(くら)し」から、ここも「皆〜、悉に・・・」になっていたはずだとして、「満」の前に「皆」を補っていますが、ここでは「皆」の字のない諸本に従いました。

Sponsored Link

八百万神

八百万神は、やほよろづのかみ、と読みます。八百万とは、数の多さを表す「八」を使う表現(大八島、八尺、八十島、八百会、八千矛など)の中でも、とりわけ数が多いことを表現する言い方です。宣長は「数の多き至極(きわみ)を云り」と説明しています。

用例としては、万葉集に「天の河原に 八百万 千万神の 神集ひ」(二・一六七)、他には大祓祝詞や鎮火祭祝詞にも「八百万神」と出てきます。

ここでは単に、とても多い、というだけでなく、「あらゆる」「すべての」神々、といった意味合いが含まれます。高天原の神々が全員集合して会議をおこなった、ということです。

天安之河原

天安之河原は、アマテラスとスサノオがうけいをした時に出てきた「天の安河」の河原です。

そこでも触れましたが、「安」(やす)は「八十」(やそ)とも「八瀬」(やせ)とも書かれることから、いくつもの瀬や流れのある大きな川、という意味でした。

高天原には他の名前の河は出てきませんが、その理由を宣長は、

神代の天上の故事を云る、皆此河の名を云て、他河の名は見えざれば、是れは一つの河の名にはあらで、ただ流れのいくすぢもありて、大きなる河を云なるべし。

と説明しています。高天原にあるすべての川の流れを総称してこう呼んだ、というところでしょうか。

神集集而

神集集而は、かむつどひつどひて、と読みます。「神」は神の行為を表す接頭辞です。

イザナギがスサノオを葦原中国から追放するときに「神やらひにやらふ」という表現が出てきました。他に「神議(はか)りに議り」「神問はしに問はし」「神掃ひに掃ひ」など、多くの同じ語法の表現があります。葦原中国平定の段に、

爾に高御産巣日神、天照大御神の命以ちて、天の安河の河原に、八百萬の神を神集へに集へて、思金神に思はしめて、云々

と、よく似た表現が出てきます。「集ひ」は自動詞、「集へ」は他動詞で、ここでは八百万の神たちが命令によらず、自発的に集結したことが分かります。

なお、紀一書(第一)では「八十萬の神を天高市に會(かむつどへつど)へて問はしむ」とあり、命令によって集まったことになっています。

思金神

思金神は、おもひかねの神、と読みます。書紀には「思兼神、深く謀りて遠く慮りて」(本文)、「時に、高皇産霊(たかみむすび)の息(みこ)思兼神といふ者(かみ)有り。思慮の智有り」(一書第一)とあり、「思」(おもひ)は思考・思慮のことであると分かります。

「金」(かね)は借り字で、「兼」の意味です。これについて、宣長は、

金は兼にて、数人(あまたのひと)の思い慮る智を、一(ひとり)の心に兼持る意なり、故、国造本紀には、八意(やごころ)思金命ともあり。

と説明しています。なお、「兼ぬ」には上のような現代でも使われる意味の他、「予見する・予測する」の意味もあり、そちらに取る解釈もあります(全集記)。

高御産巣日神(タカミムスビ)の影響力について

この天の石屋戸の段と葦原中国平定の段は、いずれも

  • 八百万の神が天の安の河の河原に集結し、
  • そこで思金神が思慮をめぐらせて、
  • その策に従い神々が行動をする

という同じ流れで展開しますが、そのときに背後に控えているのがタカミムスビ(タカミムスヒ)であると考えられます。

この神は記紀神話において、物語の展開上非常に重要な場面でしばしば登場します。葦原中国平定の段においては、古事記ではタカミムスビとアマテラスが主導の中心として並立し、書紀本文においてはタカミムスビが単独で主導します。

また、天の石屋戸の段においては、記と紀本文においては八百万の神は自発的に集ったとし、一書(第一)では「天下恆闇にして、復晝夜(ひるよる)の殊(わき)も無し。故、八十萬の神を天高市に會(かむつどへつど)へて問はしむ」とあり、いずれにもタカミムスビの行動や意思は直接描かれていません。


しかし、その子オモイカネ(思金神)が作戦計画を主導していること、また葦原中国平定の段との過程や要素の類似から、ここでも主導する主体はタカミムスビで、子のオモイカネがその一種の代理を務めているものと見ることができます。

上述の一書(第一)の号令(「つどへ」は他動詞でした)の主体にしても、明記はされていませんが、タカミムスビであると考えるのが自然だと思われます。

このように、古事記で造化三神の一であるタカミムスビは、独神としてすぐに身を隠した、とされますが、アマテラスを中心とする高天原の神々の世界にあって、隠然とした影響力を持ち続けます。

なお、思金神は、天孫降臨の際にホノニニギに随伴することなりますが、その際、アマテラス(の分身である鏡)への祭祀をつかさどることを命じられます。その職掌は、この石屋戸の段におけるオモイカネの活躍する姿と重なっています。

1.6.2 石屋戸ごもり(2)に続きます。)