そこで速須佐之男命はやすさのおのみこと天照大御神あまてらすおおみかみに、「私の心は清く明るいから、私の生んだ子は女子だった。これによって言えば、当然私の勝ちだ」と言って、勝ちに乗じて天照大御神の耕作する田の畔(あぜ)を壊し、灌漑用の溝を埋め、また大御神が新嘗の新穀を食べる御殿に糞をしてまき散らした。
 しかし、それでも天照大御神はそれをとがめだてせずに、「糞のようなものは、酔ってへどを吐き散らそうとして、我が弟の命はそうしたのでしょう。また、田の畔を壊して灌漑用の溝を埋めたのは、土地がもったいないと思って、我が弟の命はそうしたのでしょう」と善い方に言い直したものの、なおその悪い行いは止まず、ますますひどくなった。
 天照大御神が、神聖な機屋はたやにいて、神に献上する御衣を機織り女たちに織らせていたときに、速須佐之男命がその機屋の棟に穴をあけて、ぶち入りの馬を逆剥ぎにして落とし入れたところ、機織り女はこれを見て驚き、で女陰を突いて死んでしまった。そして、天照大御神はそれを見て恐れて、天の石屋いわやの戸を閉じて中にこもった。

クリックで訓読文

ここ速須佐之男命はやすさのをのみこと天照大御神あまてらすおほみかみまをしたまはく、「我が心、清明あかゆゑに、が生めりし子、手弱女たわやめを得つ。此れにりてまをさば、おのづから我勝ちぬ」と云ひて、かちさびに、天照大御神の営田みつくだを離ち其の溝を埋め、また其の大嘗おほにへ聞こしす殿にくそまり散らかしき。かれしかれども、天照大御神はとがめずりたまはく、「屎すは、ひて吐き散らすとこそ、我がなせの命、如此かく為つらめ。又、田の離ち溝埋むるは、ところあたらしとこそ、我がなせの命、如此為つらめ」り直したまへども、なほ其の悪しきわざ止まずてうたてあり。天照大御神、忌服屋いみはたやしまして、神御衣かむみそ織らしめたまふ時に、其の服屋はたやむね穿うがちて、天の斑馬ふちこま逆剥さかはぎに剥ぎておとし入るる時に、天の衣織女みそおりめ見驚きて、陰上ほとを衝きてみうせき。故、ここに天照大御神、見かしこみて、天の石屋戸いはやどててこもり坐しましき。

クリックで原漢文

爾速須佐之男命、白于天照大御神、我心淸明故、我所生之子得手弱女。因此言者、自我勝云而、於勝佐備【此二字以音】離天照大御神之營田之【此阿字以音】埋其溝、亦其於聞看大嘗之殿屎麻理【此二字以音】散。故雖然爲、天照大御神者登賀米受而告、如屎醉而吐散登許曾【此三字以音】那勢之命、爲如此。又離田之埋溝者、地矣阿多良斯登許曾【自阿以下七字以音】那勢之命、爲如此【此一字以音】詔雖直、猶其惡態不止而轉。天照大御神坐忌服屋而、令織神御衣之時、穿其服屋之頂、逆剥天斑馬剥而所墮入時、天衣織女見驚而、於梭衝陰上而死。【訓陰上云富登】 故於是天照大御神見畏、閇天石屋戸而、刺許母理【此三字以音】坐也。

クリックで言葉

《言葉》

  • 【手弱女】たわやめ なよなよとした女
  • 【勝佐備】かちさび 「さび」は動詞「さぶ」(〜のようである、〜らしく振る舞う)
  • 【営田】つくだ 「つく」は「つくる」で耕作するの意
  • 【阿】あ あぜ(田と田の境界)のこと
  • 【溝】みぞ 灌漑用の溝
  • 【大嘗】おほにへ 毎年秋に新穀を神に供し、また神とともにこれを食べることで収穫に感謝する行事
  • 【聞看】きこしめす 食べる・飲むの尊敬表現
  • 【屎麻理】くそまり 「まり」は動詞「まる」(大小便をする)
  • 【阿多良斯】あたらし 惜しい、もったいない
  • 【詔雖直】のりなほしたまへども 「詔り直す」は悪いことを良い方に言い直すこと
  • 【転】うたて 自分の意志と関係なく、物事がどんどん展開するさま
  • 【忌服屋】いみはたや 「忌」は神聖な、「服屋」は機屋のこと
  • 【神御衣】かむみそ 神に献上する御衣
  • 【天斑馬】あめのふちこま ぶちのある馬
  • 【逆剥】さかはぎ 動物の皮を尾の方から頭の方へ逆向きに剥ぐこと
  • 【梭】ひ 横糸を巻いた管を収めた舟形の道具、機織りに用いる
  • 【見畏】みかしこみて 見て恐れて
  • 【天石屋戸】あめのいはやと アマテラスが籠った岩窟もしくは御殿の戸
  • 【閇】たてる 閉じるの意
  • 【刺許母理】さしこもり 「さす」は閉ざすの意
Sponsored Link

(前の記事の続きです。前記事は1.6.1 須佐之男命の勝さび(3)です。)

服屋之頂

服屋之頂は、頂は、むね、と訓みます。家屋の棟(屋根の斜面同士がぶつかる稜線の部分)のことです。スサノオはここに穴を穿ち、逆剥ぎにした斑馬を中に落としこみました。

天斑馬

天斑馬は、あめのふちこま、と読みます。斑馬(ふちこま)とは、斑(ぶち)のある馬のことです。倭名抄に「駁馬 俗云布知無萬(ふちむま) 不純色馬也」とあります。

現代語では「ぶち」と濁っていますが、「凡て首(はじめ)を濁る言は古へは無ければ、布(ふ)を清むべし」(古事記伝)、また、馬は「うま」か「こま」で、倭名抄には「駒 和名古萬(こま) 馬子也」とありますが、書紀に天斑・斑とあるのに従って、ここも「ふちこま」と訓んでいます。

逆剥

逆剥は、「逆剥ぎ」とは、動物の皮を尾の方から頭の方へ逆向きに剥ぐことだと言われています。書紀では「生剥」ともあり、神功記や大祓祝詞に「生剥逆剥」とあります。生剥ぎの方は、動物の皮を生きたまま剥ぐこととされていますが、生剥ぎと逆剥ぎは同じものである可能性もあります。これもアハナチやミゾウメなどと同じく、天つ罪の一つに数えられています。

天衣織女

天衣織女は、あめのみそおりめ、と読みます。底本や延佳本などではこうなっていますが、真福寺本などでは「天服織女」(あめのはたおりめ)となっています。

は、、と読みます。緯(よこいと)を巻いた管をその内側に収めた舟形の道具です。これを経(たていと)に左右からくぐらせることで機を織っていきます。

書紀では同じ「梭」の字ですが、これを古訓では「かび」と訓んでいます(宣長はこの訓を誤りとしています)。スサノオが忌服屋の頂から天斑馬を落としたことがもとで、天衣織女は梭でその女陰を突いて死んでしまいます。

紀一書(第一)の同じところでは、稚日女(わかひるめ)尊が斎服殿(いみはたどの)で神之御服(かむみそ)を織っていて、梭(かび)で怪我をして神避ってしまった、とあり、本文ではアマテラス自身が梭で怪我をしてしまった、となっていることは、上の忌服屋の項でも触れました。

見畏

見畏は、アマテラスが、スサノオの数々の荒ぶる所業を見て、恐れて天の石屋戸にこもった、という意味です。

これは、書紀の方で「發慍」・「恚恨」(怒る)、スサノオに向かって「汝猶黒(きたな)き心有り。汝と相見じ」と言う、など、恐れからではなく、怒りから天の石窟にこもったのと対照的です。

書紀では一貫してスサノオが悪者扱いされているのに対し、古事記ではスサノオは必ずしも悪者とは捉えられていないことが、ここでも表れています。

天石屋戸

天石屋戸は、あめのいはやと、と読みます。あめのいはやと、あめのいはやのと、とも訓みます。宣長は、

必しも実(まこと)の岩窟(いはや)には非じ、石(いは)とはただ堅固(かたき)を云るにて、天の石位(いはくら)天の石靫(いはゆぎ)天の磐船(いはふね)などの類にて、ただ尋常の殿をかく云るなるべし。

としています。「屋戸」は「屋の戸」つまり家屋の入り口という意味で、万葉集に、

暮(ゆふ)さらば 屋戸開け設(ま)けて われ待たむ 夢に相見に 来むとふ人を (四・七四四)

人の見て 言とがめせぬ 夢にわれ 今夜(こよひ)至らむ 屋戸閉(さ)すなゆめ (十二・二九一二)

などの用例があります。この「屋戸」が転じて「宿」(やど)つまり家屋そのものを指すようになりました(大系本万葉集)。

宣長は上のように述べ、さらに「書紀に岩窟とある文字に拘(かかは)るべからず」とし、天石屋戸を岩窟ではなく通常の御殿と取りました。

その一方で、書紀では「天石窟」の「磐戸」という書き方がされています。また、次の段に「爾(すなは)ち高天原皆暗く、葦原中国悉に闇(くら)し」とあるのは、アマテラスがこもったのはただの御殿ではなく、光を一切遮断する岩窟であるというイメージを喚起させます。

さらに万葉集の、博通法師、紀伊国に往きて三穂の石室を見て作る歌に、

石屋戸に 立てる松の樹 汝(な)を見れば 昔の人を 相見るごとし (三・三〇九)

とあり、「石屋戸」は石室(またはその入り口)を意味する言葉でもあったことが分かります。

これらのことから、「天の石屋戸という語がかたがた岩窟をも暗示していることは否めない」(記注釈)ことは確かだと言えそうです。

なお、大系記は、上の宣長の説を却下し、「やはり岩窟と見るべきである」としていますが、記注釈は「『天の石屋戸』は両義にわたっている」として、必ずしもどちらかに限定するべきではないとしています。

Sponsored Link

は、たてて、と読みます。さして・とぢて、とも訓みます。「閉」と同じ意味です。諸本には「開」とありますが、宣長はこれを誤りとしてこの「閇」に改めています。

全集記はこの改訂を「あたらない」とし、「もともとは閉じている戸を開いてこもるのである」としています。一方、記注釈では、「戸を開いてこもるといういいまわしは日本語としておかしい」として、宣長の案に従っています。なお、書紀では、「磐戸を閉(さ)し」「磐戸を閉著(さ)し」とあります。

刺許母理

刺許母理は、さしこもり、と読みます。宣長は「刺(さす)は、闔(たて)たる戸に物を刺て固むるを云」と説明しています。つまり、鍵や錠をかけて門や戸を鎖す、という意味です。

万葉集に「門立てて 戸も閇してあるを」(十二・三一一七)、「門立てて 戸は闔(さ)したれど」(十二・三一一八)とあり、「立て」は「閉じる」、「さし」は「鍵などをかけて鎖す」という区別があります。

他に、「家にありし 櫃に鏁(かぎ、金へんに巣)刺し 蔵(をさ)めてし」(十六・三八一六)、「群玉の樞(くる)に釘刺し 固めとし」(二十・四三九〇)などの用例があり、ここの「さしこもり」の「さし」もこの意味であると考えられます。

一方、大系記のように、「さし」を単なる接頭辞であるとする説もあります。

「こもる」は書紀本文には「幽居」とあります。かつて「石室に隠れる」ことは、貴人が死ぬことを意味しました。万葉集の、

神さぶと 磐隠(がく)ります やすみしし わご大君 (二・一九九)

は、今は神たらんと「磐隠れ」をしている天武天皇、という意味で、また、河内王を豊前国鏡山に葬る時の歌、

豊国の 鏡山の 石戸立て 隠(こも)りにけらし 待てど来まさず (三・四一八)

は、河内王が墳墓に磐戸を立てて隠(こも)ったまま、いくら待ってもやって来ない、という意味です。

このアマテラスの石屋戸ごもりも、そのように貴人の死として解釈する向きがあったようで、宣長は「此の石屋戸に隠坐るを、『神避坐を此(かく)云るなり』と云は・・・いみしき邪説なり、【もし日の神崩りましまさば、此の世は滅ぶべし】」として却下しています。