すると高天原はすっかり暗くなり、葦原中国あしはらのなかつくにもすべて闇になった。こうしてずっと夜が続いた。そして大勢の神々の騒ぐ声は夏の蠅のように充満し、あらゆる災いがことごとく起こった。そこで八百万の神々が、天の安の河の河原に集まり、高御産巣日たかみむすひの神の子、思金神おもひかねのに考えさせて、常世とこよ長鳴鳥ながなきどりを集めて鳴かせ、天の安の河の川上にある堅い岩を取り、天の金山かなやまの鉄を採って、鍛冶職人の天津麻羅あまつまらを捜して、伊斯許理度売命いしこりどめのに命じて鏡を作らせ、玉祖命たまのおやのに命じて八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを作らせ、天児屋命あめのこやねの布刀玉命ふとだまのを呼んで、天の香山かぐやまの雄鹿の肩の骨を抜き取り、天の香山のうわみず桜の木を取ってその骨を灼いて占わせ、天の香山の枝葉の茂った榊を根こそぎ掘り起こしてきて、上の枝には八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを取り付け、中の枝には八尺鏡やたかがみを掛け、下の枝にはこうぞの白い幣帛と麻の青い幣帛を垂れかけ、これらさまざまな物は、布刀玉命が神聖な御幣として捧げ持ち、天児屋命は神聖な祝詞を唱えて寿ぎ、天手力男神あめのたぢからをのは戸の脇に隠れて立ち、天宇受売命あめのうずめのは天の香山の日蔭鬘ひかげかずらたすきにかけ、天の真拆葛まさきかずらを髪飾りとして、天の香山の笹の葉を束ねて手に持ち、天の石屋戸いわやとの前に桶を伏せてこれを踏み鳴らし、神がかりして乳房を掻き出し、裳の紐を女陰まで押し垂らした。すると、高天原が鳴動するばかりに、八百万の神々が一斉にどっと笑った。

クリックで訓読文
クリックで原漢文
クリックで言葉

Sponsored Link

(前の記事の続きです。前記事は1.6.2 石屋戸ごもり(7)です。)

為神懸而

為神懸而は、かむがかりして、と訓読します。

神明(かみ)、倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそびめ)命に憑(かか)りて曰はく、云々 (崇神紀)

月神、人に著(かか)りて謂(かた)りて曰はく、云々 (同上)

高市郡大領、高市県主許梅(こめ)、忽(にはか)に口閉(つく)びて、言ふこと能(あた)はず。三日の後、方に神に著(かか)りて言はく、云々 (天武紀)

有(ま)して、皇后に託(かか)りて誨(をし)へまつりて曰はく、云々 (仲哀紀)

などの例がありますが、いずれも神の憑依による託宣という形をとっています。一方、

此の段の神懸は、物の著(つき)て正心を失へる状に、えも云はぬ剞戯言(たはれごと)を云て、俳優(わざをき)をなす。(古事記伝)

つまりここでは、上に列挙した託宣の例とは異なり、アメノウズメは恍惚状態に入って正気を失い、奇妙なことを口走ったり、滑稽な振る舞いをしています。

この違いについては、いわゆるシャーマンの「自己の魂を霊界に送り、患者の逃げた魂をつれもどして治癒する技術」(記注釈)が背景にあると考えられます。つまり、恍惚状態になることで自分の魂を外に送り、それによって「患者」であるところのアマテラス(=この世界の魂)を連れ戻す、というシャーマンの技法がここに反映されている、ということです。

掛出胸乳、裳緒忍垂於番登也

掛出胸乳、裳緒忍垂於番登也は、胸乳(むなぢ)を掛き出(い)で、裳緒(もひも)をほとに忍(お)し垂れき、と訓読します。

乳房を露出し、裳の紐を女陰まで押し下げた、という意味です。

同じ部分は書紀本文では、

猿女君の遠祖天鈿女命、則ち手に茅纏(ちまき)の(ほこ)を持ち,天石窟戸の前に立たして、巧に俳優(わざをき)す。亦(また)天香山の真坂樹を以て鬘にし、蘿(ひかげ)を以て手繦(たすき)にして、火處(ほところ)焼き、覆槽(うけ)置(ふ)せ、顕神明之憑談(かむがかり)す。

となっています。「亦」と文を区切っていることから、「わざをき」と「かむがかり」が別々に行われたように見えますが、「茅纏のを持つ」ことと、「真坂樹を以て鬘にし、蘿を以て手繦に」することは、一連の動作・行為の中にあると考えられるので、「わざをき」と「かむがかり」もそうであると見なせます。

「わざをき」は、「わざ(業)」+「をき(招き)」で、「わざ」によって神を「をく」(招く)ことが元々の意味だと言われています。

転じて、「わざをき」(俳優)は、滑稽な所作や歌舞によって神や人を楽しませること、またそれをする人のことを指すようになりました。「だからウズメは、神がかりして我を忘れ、かくあられもない仕儀におのずと及んだわけではなく、それはシャーマンとしての演戯であったはずである」(記注釈)。

実際、書紀の天孫降臨の段で、天降る途中の天の八衢(やちまた)で、むくつけき容貌の神に出くわしたときに、アメノウズメはアマテラスの勅を受け、その神に対し、

其の胸乳を露にかきいでて、裳帯(もひも)を臍の下に抑(おした)れて、咲(あざわら)ひて向き立つ。 (神代紀・第九段・一書第一)

とあることからも、これが恍惚状態による無意識的なものではなく、悪霊を退散させる呪術的威力を期待した意識的なものであることが分かります。

Sponsored Link

は、わらふ、と読みます。書紀本文では、八百万の神がどっと笑う、という描写はなく、代わりに、

・・・云何(いかに)ぞ天鈿女命如此(かく)樂(ゑら)くや。 (神代紀・第七段・本文)
(どうして天鈿女命はこのように楽しそうに笑っているのだろうか)

とアマテラスが思った、とあるように、アメノウズメがひとり「ゑらく」のみです。「わらふ」と「ゑらく」の違いについては、

現代語では、エム(微笑む)もワラウも同じ意味になっているが、古代では、「わらふ」という語は軽蔑や罵倒など相手と敵対する行為に限られ、「ゑむ」が親和的な微笑をいい、「ゑらく」が充足した喜びをあらわす声のある笑いをいう。(三浦佑之「現代語訳古事記」)

という違いがあります。ここでは、アメノウズメの所作が可笑しくて神々がどっと哄笑した、と取って「わらふ」としました。

この笑いは単に心理的なものだけではなく、天孫降臨の際に八衢でアメノウズメが、「咲(あざわら)ひて向き立」ったのと同じように、攻撃的な笑いによって悪霊を追い払ったり、悪い現状を好転させようとする、笑いの呪術的効果を期待したものです。

一方、可笑しさ故に爆笑したというのではなく、アメノウズメの「ストリップまがいの神懸かりに、八百万の神々が魅了されてしま」い、「充足した喜びをあらわ」したものと取れば、「ゑらく」と訓むことになります。(三浦佑之「現代語訳古事記」)。

天の岩屋戸こもりは日蝕や冬至の象徴?

この石屋戸こもりの段は、しばしば貴人の葬儀や日蝕や冬至と関連づけて論じられるものです。

石屋戸という言葉に石室のイメージを見れば、石屋戸にこもることはまさに貴人の死を意味します。万葉集の、河内王を豊前国鏡山に葬る時の歌、

豊国の 鏡山の 石戸立て 隠(こも)りにけらし 待てど来まさず (三・四一八)

は、河内王が墳墓に磐戸を立ててこもったまま、いくら待ってもやって来ない、という意味でした。

また、日神であるアマテラスが隠れることで世界が闇に包まれ、出てくることで光明が戻るという流れに、日蝕が象徴されていると読み取ることもできるでしょう。

しかし、とりわけ現実の祭祀との関係でいくと、この神話は冬至との結びつきが強いようです。

毎年旧暦十一月の中の寅日(新嘗祭の前日)に、鎮魂祭(みたましずめのまつり)が執り行われましたが、これはちょうど太陽の及ぼす力がもっとも弱くなる冬至の時期に当たり、日神の子孫である天皇の魂の復活・更新を祈念するものでした。

その中に、上の「伏氣而」の項で触れたように、巫女が「宇氣槽」(うけふね)を伏せてその上に乗り、桙(ほこ)で槽を突くという儀式がありますが、これはこの説話に由来するものです。そしてそれは、古語拾遺に、

凡そ鎮魂の儀は、天鈿女(あめのうずめ)の遺跡(あと)なり。

とあるように、古くはアメノウズメの子孫である猿女君が執り行っていました。