そして、伊邪那岐命いざなぎのみことが恐れをなして逃げ帰る時に、そのいも伊邪那美命いざなみのみことは「よくも私に恥をかかせましたね」と言って、すぐに黄泉の国の醜女しこめを遣わせて伊邪那岐命を追わせた。そこで、伊邪那岐命は、髪に着けていた黒い髪飾りを取って投げつけると、たちまち山ぶどうの実がなった。これを醜女が拾って食べている間に、イザナギ命は逃げて行ったが、なお追いかけてくるので、また右の御みづらに挿していた神聖な爪櫛の歯を折り取って投げ捨てると、たちまちタケノコが生えてきた。これを醜女が抜いて食べている間に、伊邪那岐命は逃げて行った。また、その後に、伊邪那美命は、その八柱の雷神たちに大勢の黄泉の軍勢を副えて男神を追わせた。そこで、伊邪那岐命はいていた十拳剣とつかつるぎを抜いて、うしろ手に振りながら逃げて行ったが、なおも追いかけてきて、黄泉比良坂よもつひらさかのふもとにたどり着いた時に、伊邪那岐命はそこに生っていた桃の実を三つ取り、迎え撃つと、追手はことごとく逃げ帰った。そして伊邪那岐命は、桃の実に、「お前は私を助けたように、葦原中国あしはらのなかつくににいる、あらゆる生きた人たちがつらい目に遭って苦しんでいる時に、彼らを助けよ」と言って、意富加牟豆美命おおかむづみのみことという名を与えた。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【醜女】しこめ 恐ろしい姿の鬼女
  • 【黄泉比良坂】よもつひらさか 黄泉の国と葦原中国を結ぶ坂
  • 【葦原中国】あしはらのなかつくに 人間その他の生き物の住む現実の世界
  • 【意富加牟豆美命】おほかむづみのみこと イザナギが桃の実に与えた名前