すると高天原はすっかり暗くなり、葦原中国あしはらのなかつくにもすべて闇になった。こうしてずっと夜が続いた。そして大勢の神々の騒ぐ声は夏の蠅のように充満し、あらゆる災いがことごとく起こった。そこで八百万の神々が、天の安の河の河原に集まり、高御産巣日たかみむすひの神の子、思金神おもひかねのに考えさせて、常世とこよ長鳴鳥ながなきどりを集めて鳴かせ、天の安の河の川上にある堅い岩を取り、天の金山かなやまの鉄を採って、鍛冶職人の天津麻羅あまつまらを捜して、伊斯許理度売命いしこりどめのに命じて鏡を作らせ、玉祖命たまのおやのに命じて八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを作らせ、天児屋命あめのこやねの布刀玉命ふとだまのを呼んで、天の香山かぐやまの雄鹿の肩の骨を抜き取り、天の香山のうわみず桜の木を取ってその骨を灼いて占わせ、天の香山の枝葉の茂った榊を根こそぎ掘り起こしてきて、上の枝には八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを取り付け、中の枝には八尺鏡やたかがみを掛け、下の枝にはこうぞの白い幣帛と麻の青い幣帛を垂れかけ、これらさまざまな物は、布刀玉命が神聖な御幣として捧げ持ち、天児屋命は神聖な祝詞を唱えて寿ぎ、天手力男神あめのたぢからをのは戸の脇に隠れて立ち、天宇受売命あめのうずめのは天の香山の日蔭鬘ひかげかずらたすきにかけ、天の真拆葛まさきかずらを髪飾りとして、天の香山の笹の葉を束ねて手に持ち、天の石屋戸いわやとの前に桶を伏せてこれを踏み鳴らし、神がかりして乳房を掻き出し、裳の紐を女陰まで押し垂らした。すると、高天原が鳴動するばかりに、八百万の神々が一斉にどっと笑った。

クリックで訓読文
クリックで原漢文
クリックで言葉

Sponsored Link

(前の記事の続きです。前記事は1.6.2 石屋戸ごもり(5)です。)

布刀詔戸言

布刀詔戸言は、ふとのりとごと、と読みます。

「ふと」は布刀御幣と同じで、神事に関する事物に対する美称です。

「のりと」の「のり」は動詞「のる」の連用形の名詞化で、「イノル(祈)、ノロフ(詛)、ノル(罵)などと連関のある語」(記注釈)です。

ノルに接頭語のイ(斎)がついたものがイノル(祈)、ノルに継続の助動詞「フ」の付いた「ノラフ」が転じたものがノロフ(呪)です。

また、規範・法律・道理・仏法などをすべてノリと言いましたが、これは神仏や天皇の「ノリ」(宣告)という意味から来ていると言われます。時代別国語大辞典は、

ツグ・イフ・カタル・トフなどの語とは違って、ノルは、本来呪力を持った発言であったらしい。祝詞や宣命におけるその用例の多さは、十分この語の意味の重要さをうかがわせる。

と説明しています。

のりとの「と」(甲類)は、黄泉の国の段でイザナギがイザナミに渡した「ことど」(事戸)の「ど」と同じで、呪的な言葉や行為を示す接尾辞です。宣長は、

祝詞(のりと)の趣なる、名の義は宣説言(のりときごと)なるべし・・・能理斗(のりと)と常に云は、言(こと)を略(はぶ)けるなり。

と説明しています。

なお、続く「」を底本は「ねぐ」としていますが、ここでは「ほく」と訓みました。似たような意味ですが、

  • 「ねぐ」 祈願する、神の心をなぐさめ、加護を願う
  • 「ほく」 (よい結果を期待して)祝い言を唱える、呪詞を述べて神意をうかがう

という違いがあります。

ここで奏された祝詞の具体的な内容についてですが、宣長は、延喜式祝詞などの古形をよく残す祝詞の内容から、

かの布刀玉命の取持る種々の御幣物を賛称(ほめたたへ)たる辞なるべし、【諸祭の祝詞の例を見るべし、その幣帛を品々いひ舉(あげ)て、天津祝詞の太祝詞言を以称辞竟奉るとあり、云々】

と推測しています。いくつかの例を列挙すると、

・・・大野の原に生ふる物は、甘菜・辛菜、青海の原に住む物は、鰭の廣物・鰭の狭物・奧つ藻菜・辺つ藻菜に至るまでに、御服は明妙・照妙・和妙・荒妙に称辞(たたへごと)竟(を)へ奉(まつら)む。(祈年祭祝詞)

・・・進物は明妙・照妙・和妙・荒妙・五色物を備へ奉(まつり)て、青海原に住む物は、鰭広物・鰭狭物・奧つ海菜・辺つ海菜に至るまでに、御酒は、(みか)の辺高知り、の腹満て雙べて、和稲・荒稲に至るまでに、橫山の如く置き高成て、天津祝詞の太祝詞事もちて、称辞竟奉(まつら)くと申す。(鎮火祭祝詞)

今年の六月月次幣帛、明妙・照妙・和妙・荒妙備へ奉て、朝日の豊栄登に、皇御孫命の宇豆の幣帛を、称辞竟奉くと宣る。(六月月次祝詞)

水分坐皇神等の前に白く、吉野、宇陀、都祁、葛木と御名は白して、称辞奉ば、(同上)

などがあります。このように祝詞は、その多くが、幣帛の品々や神々の名前を列挙していき、「称辞竟奉る」としてそれを称(たた)えるという形で唱えられます。

天手力男神

天手力男神は、あめのたぢからをの神、と読みます。天の手の力の強い男神という意味です。紀一書に、

天手力雄神、磐戸の側に侍ひて、則ち引き開けしかば、日神の光、六合(くにのうち)に満(いは)みにき。(神代紀・第七段・一書第三)

とあります。その腕力により、アマテラスを石屋戸から引っ張り出し、または石屋戸を引き開け、世界に光を取り戻したとされる神です。

石屋戸の段での活躍に関連して、天孫降臨の際に五伴緒(いつのともを)らと共にホノニニギに随伴することになります。他の神々のように系譜を持たず、説話的に作り出された神ではないかとする説があります(記注釈、全集記)。万葉集の、河内王を豊前国鏡山に葬る時、手持女王の作る歌、

石戸破(わ)る 手力もがも 手弱き 女にしあれば 術の知らなく (三・四一九)

はこの神のことを念頭に置いた歌です。

Sponsored Link

天宇受売命

天宇受売命は、あめのうずめのみこと、と読みます。

「うず」は髪飾りのことで、「うずめ」は髪飾りを挿した女、すなわち巫女を指します。

書紀の「天鈿女」の「鈿」(うず)も同じ意味です。推古紀に「髻花、此云于孺(うず)」とあります。

命の 全けむ人は 畳薦 平群の山の 熊白檮 (くまかし)が葉を 髻華(うず)に挿せ その子 (景行記)

斎串(いくし)立て 神酒(みわ)坐(す)ゑ奉る 神主部(かむぬし)の 髻華の玉蔭 見れば羨(とも)しも (万・十三・三二二九)

島山に 照れる橘 髻華に挿し 仕へまつるは 卿大夫(まへつきみ)たち (万・十九・四二七六)

などの例があります。髻華については、

髻華—木の葉・花・玉などを頭にさして飾としたもの。クマカシの葉・橘・豹の尾・鳥の尾などを使い、また金・銀・銅などで作る (大系万)

もので、

生命の樹と信ぜられていた樫の葉を髪に挿すのは長寿をねがう類似呪術である。(大系記)

という意味があります。樫や橘のような常緑樹は、古くから不老長寿を象徴するものとして尊重されてきました。

一方、古語拾遺では天鈿女の注に、

古語天乃於須女(あめのおすめ)。其の神、強悍(こは)く猛固(たけ)くます、故、以て名と為れり。今の俗、強女(こはきをみな)を於須志(おすし)と謂ふは、この縁なり。

とあります。仁徳記に「大后の強(おず)きに因りて」と用いられています。

源氏物語の「かの乳母こそおずましかりけれ」(東屋)、「はやりかにおぞき人にて」(同左)、「かくおぞましくは、いみじき契り深くとも、絶えてまた見じ」(帚木)などの「おぞし」「おずまし」「おぞまし」はすべてこの意味です。

実際、アメノウズメはそのような女神であったようで、天孫降臨の段で、アマテラスに、「いむかふ神、面勝つ神」(敵と向き合う神、気後れせずに相手を圧倒する神)と評されています。

ただし、記注釈はこの説を、「むげに否定するには及ばない。だが、それは古語拾遺お得意の民間語源説であることを忘れるべきではない」としています。

アメノウズメは猿女君の祖神とされ、日本書紀私記の弘仁私記に「姓稗田、名阿礼、年廿八、天鈿女命之後也」とあることから、古事記の誦習をおこなった稗田阿礼は猿女君の一族と考えられています。

1.6.2 石屋戸ごもり(7)に続きます。)