すると高天原はすっかり暗くなり、葦原中国あしはらのなかつくにもすべて闇になった。こうしてずっと夜が続いた。そして大勢の神々の騒ぐ声は夏の蠅のように充満し、あらゆる災いがことごとく起こった。そこで八百万の神々が、天の安の河の河原に集まり、高御産巣日たかみむすひの神の子、思金神おもひかねのに考えさせて、常世とこよ長鳴鳥ながなきどりを集めて鳴かせ、天の安の河の川上にある堅い岩を取り、天の金山かなやまの鉄を採って、鍛冶職人の天津麻羅あまつまらを捜して、伊斯許理度売命いしこりどめのに命じて鏡を作らせ、玉祖命たまのおやのに命じて八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを作らせ、天児屋命あめのこやねの布刀玉命ふとだまのを呼んで、天の香山かぐやまの雄鹿の肩の骨を抜き取り、天の香山のうわみず桜の木を取ってその骨を灼いて占わせ、天の香山の枝葉の茂った榊を根こそぎ掘り起こしてきて、上の枝には八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りを取り付け、中の枝には八尺鏡やたかがみを掛け、下の枝にはこうぞの白い幣帛と麻の青い幣帛を垂れかけ、これらさまざまな物は、布刀玉命が神聖な御幣として捧げ持ち、天児屋命は神聖な祝詞を唱えて寿ぎ、天手力男神あめのたぢからをのは戸の脇に隠れて立ち、天宇受売命あめのうずめのは天の香山の日蔭鬘ひかげかずらたすきにかけ、天の真拆葛まさきかずらを髪飾りとして、天の香山の笹の葉を束ねて手に持ち、天の石屋戸いわやとの前に桶を伏せてこれを踏み鳴らし、神がかりして乳房を掻き出し、裳の紐を女陰まで押し垂らした。すると、高天原が鳴動するばかりに、八百万の神々が一斉にどっと笑った。

クリックで訓読文
クリックで原漢文
クリックで言葉

Sponsored Link

(前の記事の続きです。前記事は1.6.2 石屋戸ごもり(3)です。)

波波迦

波波迦は、ははか、と読みます。ウワミズザクラの古名かと言われます。倭名抄に、

朱櫻 本草云櫻桃一名朱櫻 和名波々加(ははか) 一云迩波佐久良(にはさくら

とありますが、本草和名では、

櫻桃 一名朱櫻 和名波ゝ加乃美(ははかのみ) 一名云加波佐久良乃美(かにはさくらのみ

となっており、倭名抄では「か」の字が脱落したと考えられます。また、倭名抄木具部に、

樺 和名加波(かは) 又云加仁波(かには) 今櫻皮有之 木皮名可以爲炬者也。

とあることから、この木のもとの名は「ははか」で、もっぱら皮が利用されたため、その皮に着目して「かにはさくら」(「かには」は木の皮の意)とも呼ばれるようになったと考えられます。

ははかの皮は、占いの象灼(かたや)きの他、万葉集に、

櫻皮(かには)纏(ま)き 作れる舟に 真楫(かぢ)貫き わが漕ぎ来れば (六・九四二)

とあるように、船材としても用いられたようです。延喜式に、

凡年中御卜料波婆加木皮者、仰大和国有封社、令採進之。(臨時祭)

紙廿張、筆一管、亀甲一枚、波波可五枚。(斎宮寮)

とあるように、鹿卜が亀卜に取って代わられた後も、ははかは引き続き用いられました。

令占合麻迦那波而

令占合麻迦那波而は、占合(うらな)ひまかなはしめて、と訓読します。

「うら」は吉凶の判断や未来予測のために、知覚できる現象(骨や甲羅にどんな割れ目ができるかなど)を見ることで神意をうかがう行為をいいます。

「まかなふ」は、あらかじめ準備して待つ、という意味で、雄略紀に「弓を彎(ひきまかなひ)て」、崇峻紀に「擬(さしまかなひ)て射る」とあります。弓を引いて狙いをつける、の意です。

何を占ったかについて、宣長は、

さて此段の卜合は、思金神の謀て思ひ得たる種々の事の可否を、先(まづ)卜問て、後に定め行はむとなるべし、凡て上つ代は万(よろ)づの事みな然有き。

としています。

Sponsored Link

五百津真賢木

五百津真賢木は、いほつまさかき、と読みます。

五百津は枝の繁きを云て、一木の上のことなり、【五百株と云は非なり、布刀玉命の取持とあるにも叶はず】(古事記伝)

とあるように、五百津は枝葉が多く茂っていることを称えたものです。仲哀紀に「五百枝の賢木を拔(こ)じ取りて」とあります。雄略記の歌の「百足る 槻が枝は 上つ枝は 天を覆へり 云々」、神代紀の「井の上(ほとり)に百枝の杜樹(かつらのき)有り」なども同じ意味合いです。

賢木についてですが、書紀には「五百箇の真坂樹(まさかき)」(本文・一書第二)とあり、「賢木」は借り字であることが分かります。「さかき」は現代では榊という特定の樹種を指しますが、宣長によると、

もと一つの樹の名にはあらで、ただ常葉なる木を、神事公事に讃称(ほめたたへ)て真栄樹(まさかき)といひしなり。

なお、大系紀は、サカキを「栄樹」ではなく、「境(さか)木の意であろう。神域を境界する木」としています。

根許士爾許士

根許士爾許士は、ねこじにこじ、と読みます。

書紀では「掘(ねこじにこ)じて」、神武紀に「丹生の川上の五百箇の真坂樹を抜取(ねこじ)にして」、景行紀に「磯津山(しつのやま)の賢木を抜(こじと)りて」とあり、いずれも神を祭るために「さかき」を根ごと掘り取って、という意味です。万葉集に、

去年(こぞ)の春 い掘(こ)じて植ゑし わが屋外(やど)の 若樹の梅は 花咲きにけり (八・一四二三)

があります。なお、「こじ」は連用形の用例しか残っておらず、終止形が「こず」なのか「こじる」なのか、何段活用なのか決定できないようです(大系万)。「こじ」は現代でも「こじ開ける」などと使われます。

八尺鏡

八尺鏡は、やたかがみ、と読みます。

「尺」の字は「咫」(あた)の字の誤りとも略字とも言われます。書紀には「八咫鏡」とあります。「あた」は古代日本では親指と中指を広げた長さのことで、手を当てることから「当つ」が名詞化したものかと言われます。後漢の字書、説文解字に、

  • 咫、中婦人手長八寸、謂之咫。周尺也。
    (平均的な婦人の手の長さが八寸で、これを咫という。 周の尺度である)
  • 尺、十寸也。

とあります。これに基づいて計算すると、周代の一尺は約19.9センチなので、一咫は約15.9センチになります。後漢代の一尺は約23.1センチなので、一咫は約18.5センチになります。

国宝に指定された福岡県の平原遺跡(弥生後期)出土の大型内行花文鏡の直径が約46.5センチで、その周囲は約146センチとなり、これは後漢代の基準では約八咫になります。そのためこの出土鏡を伊勢神宮のご神体となっているこの八咫鏡と結び付ける説があります。

また、この八咫は「八」の用法の通例どおり、実際の寸法のことではなく、大きな鏡であることを言うとする説もあります。

なお、訓注に「八尺を訓みて八阿多(やあた)と云ふ」とあるのを「やたかがみ」と訓むのは、「高天原」を「天を訓みて阿麻(あま)と云ふ」とするのに「たかあまのはら」ではなく「たかまのはら」と約めて訓むのと同じです。

1.6.2 石屋戸ごもり(5)に続きます。)