二神はその島に天降って、天の御柱を見立て、八尋殿を見立てた。そこでイザナギが妻イザナミに「あなたの身体はどのようにでき上がっていますか」と尋ねると、「私の身体は成りに成って、足りないところが一か所あります」と答えた。そこでイザナギが「私の身体は成りに成って、余っているところが一か所あります。だから私のこの余っているところで、あなたの足りないところを刺し塞いで国を生もうと思うが、どうですか」と言うと、イザナミは「いいでしょう」と答えた。そしてイザナギは「ならば私とあなたと、この天の御柱を行き廻って出会い、『みとのまぐはひ』をしよう」と言った。このように約束をしてすぐに、「あなたは右から廻り逢い、私は左から廻り逢おう」と言った。
 約束し終えて柱を廻る時に、イザナミが先に「あなにやし、えをとこを」(ああ、なんて素敵な男性なの)と言い、その後でイザナギが「あなにやし、えをとめを」(ああ、なんて素敵な女性なんだ)と言った。それぞれが言い終わった後で、イザナギは妻に「女性が先に言うのはよくない」と言った。それでも、くみど(寝所)でことを始めて、水蛭子ひるこを生んだ。この子は葦の船に乗せて流し捨てた。次に淡島あわしまを生んだ。この子もまた、子の数には入らない。

クリックで訓読文

其の島に天降あもりまして、天之御柱あめのみはしらを見立て、八尋殿やひろどのを見立てたまひき。ここに其のいも伊邪那美命いざなみのみことに「が身如何いかに成れる」と問曰ひたまへば、「が身は成り成りて成り合はざるところ一処ひとところ在り」と答曰まをしたまひき。伊邪那岐命いざなぎのみことりたまひつらく、「我が身は成り成りて成りあまれる処一処在り。かれ、此の吾が身の成り余れる処を、汝が身の成り合はざる処に刺しふたぎて、国土くに生み成さむとおもふは奈何いかに」と詔りたまへば、伊邪那美命、「然善しかよけむ」と答曰まをしたまひき。ここに伊邪那岐命、「しからば吾と汝と是の天之御柱あめのみはしらを行き廻り逢ひて、みとのまぐはひむ」と詔りたまひき。如此かくちぎりて、すなはち「汝は右より廻り逢へて、我は左より廻り逢はむ」と詔りたまひ、ちぎへて廻ります時に、伊邪那美命、ず「あなにやし、えをとこを」とりたまひ、のちに伊邪那岐命、「あなにやし、えをとめを」と言りたまひき。おのおの言りたまひ竟へて後に、其の妹に「女人をみな先言ことさきだちてふさはず」とりたまひき。しかれどもくみどに興して、みこ水蛭子ひるこを生みたまひき。此の子は葦船に入れて流してつ。次に淡島あはしまを生みたまひき。是もまた、子のかずに入らず。

クリックで原漢文

於其島天降坐而、見立天之御柱、見立八尋殿。於是問其妹伊邪那美命曰、汝身者如何成。答曰吾身者、成成不成合處一處在。爾伊邪那岐命詔、我身者、成成而成餘處一處在。故以此吾身成餘處、刺塞汝身不成合處而、爲生成國土奈何。【訓生云宇牟。下效此。】 伊邪那美命、答曰然善。爾伊邪那岐命詔、然者吾與汝行廻逢是天之御柱而、爲美斗能麻具波比【此七字以音】 如此云期、乃詔汝者自右廻逢、我者自左廻逢。約竟廻時、伊邪那美命、先言阿那邇夜志愛袁登古袁【此十字以音。下效此。】 後伊邪那岐命、言阿那邇夜志愛袁登賣袁、各言竟之後、告其妹曰、女人先言不良。雖然久美度邇【此四字以音。】興而、生子水蛭子。此子者入葦船而流去。次生淡島。是亦不入子之例。

この「上」の字は、「上声」の略です。漢字の発音(声調)についての注です。凡例も参照してください。

クリックで言葉

《言葉》

  • 【天之御柱】あめのみはしら 二神の婚姻の儀式のために立てられた柱。八尋殿とは別
  • 【見立】みたつ みなして立てる、(木を)見選んで立てる、など諸説あり
  • 【八尋殿】やひろどの 国生みの儀式(みとのまぐはひ)のための御殿
  • 【美斗能麻具波比】みとのまぐはひ 婚姻、または性交のこと
  • 【阿那邇夜志、愛袁登古袁】あなにやし、えをとこを 男性に対する賛嘆の言葉  「をとこ」は若い男性
  • 【阿那邇夜志、愛袁登賣袁】あなにやし、えをとめを 「をとめ」は若い女性
  • 【女人】をみな 若い女性
  • 【久美度邇興而】くみどに興して 「くみど」は寝所、「興す」は始める
  • 【水蛭子】ひるこ 蛭のように身体がぐにゃぐにゃの不具の子の意か
  • 【淡島】あはしま 「淡」には頼りない、疎ましい、といった意味がある
Sponsored Link

イザナギ・イザナミの二神は天沼矛(アメノヌボコ)からしたたり落ちる潮によって出来上がったオノゴロ島に降臨し、そこに天の御柱と八尋殿を見立て、「みとのまぐはひ」(性交)の儀式を行い、国生みを始めます。儀式の中で、二神は互いに相手を賛美する言葉を発するのですが、女性であるイザナミの方が先に言ってしまいます。イザナギは「女性が先に言うのはよくない」と指摘しますが、結局二神はクミドと呼ばれる寝所で「みとのまぐはひ」を行い、子を生みます。しかし、生まれてきたのは水蛭子(ヒルコ)でした。これは蛭(ヒル)のようにぐにゃぐにゃの骨なしの子でした。二神はこのヒルコを葦の船に乗せて流してしまいました。次に生まれてきたのは、淡島(アハシマ)でした。これも子のうちには数えられませんでした。

天之御柱

天之御柱は、あめのみはしら、と訓みます。ここでイザナギ・イザナミは、この柱を左右反対方向にぐるりと廻ってきて出会う、という儀式を行います。この柱は次の八尋殿の柱ではなく、この儀式のために別に立てられた柱だと考えられます。中国の雲南省の苗族という少数民族は、春に柱を山上に立て、男女が周囲をめぐり舞いながら性的な歌を歌い、また貴州の狗耳という部族は、春に鬼竿という柱を野に立て、男女がその周りを廻り踊って相手を選ぶそうです。この段はそれらに類する婚姻儀礼であろうという説があります(大系紀)。古代の日本にも、このような習俗が実際に存在したのかもしれません。

見立て

見立て、という言葉にはいくつかの解釈が考えられています。たとえば、見送る、見届けるなどの「見」と同じで、ただ目で見るだけでなく、そのことを自分の責任として引き受けて行う、つまり、ここでは御柱や八尋殿を、イザナギ・イザナミが「自ら責任をもって立てる」ことである、という説や(記伝)、事前に適当な木を「見選んで、それを柱として立てる」という説(集成記)などがありますが、ここは「みなして立てる」、つまり、現代の言葉と同じような意味に取るのが、自然で分かりやすいと思います。

そのように解釈すると、天の御柱や八尋殿は実際に材木などで立てられていると考える必要はなくなります。たとえば、日本書紀本文においては、「オノゴロ島を以て國中の柱として、陽神(イザナギのこと)は左より旋(めぐ)り、陰神(イザナミのこと)は右より旋る」とあります。この場合はオノゴロ島そのものが天の御柱に「見立て」られているわけです

八尋殿

八尋殿は、やひろどの、と訓みます。尋(ヒロ)は長さの単位で、一尋は両腕を広げたときの長さを表します。ただし、ここの八尋の八はその八倍の長さという意味ではなく、数がとても大きいことを示す言葉です。八百万(やおよろず)、八千代(やちよ)などの八も同じ用法です。つまり、八尋殿は「とても大きな殿」といった意味になります。この「見立て」られた八尋殿の中で、イザナギ・イザナミは「みとのまぐはひ」を行い、次々に子(国)を生んでいきます。

成り成りて

成り成りて、は「初め生(なり)そめしより、漸々(やうやう)に成りて、成り畢(おは)れるを云(いふ)なり」(記伝)、つまり、生まれたときから、次第に成長し、やがて成長し終えることを言います。「成り成りて成り合わざる處一處あり」は「だんだん成長していって、やがてついに身体は出来上がったが、まだ足りないところが一か所ある」といった意味になります。

美斗能麻具波比

美斗能麻具波比は、みとのまぐはひ、と読みます。婚姻、または性交のことです。ミトのミは「御」、トはオオトノヂ・オオトノベの「ト」と同じで、性器を表します。マグハヒは「目合ひ」で、目を合わせる、見つめ合って愛情を交わす、という意味で、転じて性交する、の意味になったとされます。ミトノ、と性器の美称を上に付けるのは、これが神の聖婚であることを示します。なお、ミトのトを「場所」の意味に取り、これを寝所とする解釈もあります。

汝者自右廻逢、我者自左廻逢

汝者自右廻逢、我者自左廻逢は、汝(イザナミ)は天の御柱を右に廻って出逢い、私(イザナギ)は左に廻って出逢おう、という意味です。中国の陰陽思想によると、陽(男)は左で、陰(女)は右だとされます。他に、イザナギが禊ぎの際に左目を洗った時にアマテラスが、右目を洗った時にスサノオが生まれることからも、右よりも左の方が尊ばれていたことが分かります。

なお、左右のどちらが尊いとされるかは、国や文化圏によって違いがあり(たとえばインドでは左手は不浄の手)、また同じ国でも時代によって違いがあったようです。例えば、中国では、漢代には右が、唐代には左が尊ばれたそうです。ここでは、古事記編纂当時の日本は唐の文化の強い影響下にあったことが、この記述に影響しているものと考えられます。

余談ですが、地位を下げることを左遷というのは漢代の歴史書「史記」が典拠で、上述の理由によります。

Sponsored Link

阿那邇夜志

阿那邇夜志は、あなにやし、と読みます。「あなに」「や」「し」と分解され、「あなに」「や」はともに感動を表し、「し」はそれを強める言葉です。とても強く感銘を受けたことを表す言葉です。

愛袁登古袁

愛袁登古袁は、えをとこを、と読みます。「え」「をとこ」「を」と分解されます。「え」の部分は、日本書紀本文では「可美」、一書では「可愛」「善」と書かれています。これらから、「美しい、愛しい、良い」といった意味があることが分かります。なお、原文の「愛」は万葉仮名の「え」です。ここでは音を借りているだけで、「愛しい」という意味を漢字で表しているわけではありません。「をとこ」は男で、若い成人の男子を指します。「を」は語尾につく感動詞です。

愛袁登賣袁

愛袁登賣袁は、えをとめを、と読みます。「をとめ」は若い成人の女子を指します。

女人

女人は、をみな、と訓みます。若い女性を指します。対する言葉は「おみな」(老女)です。「を」は年少、「お」は年長であることを表す接頭辞です。

久美度邇興而

久美度邇興而は、くみどに興して、と訓読します。クミドは「隠み処」で夫婦の寝所という意味で、「オコス」は(「みとのまぐはひ」を)始める、という意味になります。古事記と日本書紀の一書で、のちのスサノオとクシナダヒメの段にも同じ表現が使われています。

水蛭子

水蛭子は、ひるこ、と訓みます。蛭(ヒル)とは環形動物(ミミズやゴカイの仲間)の一種で、人間を含む動物の血を吸う生き物です。島となるにはグニャグニャしていて不十分な、できそこないの子という意味で、蛭に喩えたのでしょう。

入葦船而流去

入葦船而流去は、葦船(あしぶね)に入れて流し去(す)てつ、と訓読します。最初に生まれた水蛭子(ヒルコ)はできそこないだったので、葦で作った船に乗せて、オノゴロ島から大洋に流し捨てた、ということです。

ところで、葦船の材料である葦はどこで手に入れたのでしょうか。イザナギ・イザナミが成った時点では、様々なもの(生成力・天空・国土・生命など)を象徴する神々はすでに成っていますが、葦だとか人間だとかの具体的な生き物の誕生については、何も直接的には言及されていません。「葦牙(あしかび)の如く萌え騰がる物」という表現はありましたが、「如く」と比喩として出てきただけです。

しかし、ここで葦船が登場するからには、その材料である葦がこの時点ですでにあったはずです。どこにあったかと言うと、このときイザナギ・イザナミはオノゴロ島に降り立ち、そこでヒルコたちを生んだわけですから、オノゴロ島にあったと考えるのが自然です。つまり、オノゴロ島は、ただの岩礁のような何もない島ではなく、葦の生い茂る島として成ったのだと考えられます。天の沼矛の先からしたたり落ちた潮は、単なる塩水ではなく、のちにいろいろなものになる素(もと)が含まれていたのでしょう。

もしくは、本文中に言及はされていませんが、この葦船も本物の葦の船だったというよりも、天の御柱や八尋殿と同じ「見立て」られた葦船だったのかもしれません。

なお、なぜ葦船だったのか、については、「悪しき子」だったからだ、とする説があります。葦(あし)はその語感(悪し)を嫌ってヨシ(善し)とも呼ばれたほどですから、その名前が古代人に不吉なものを連想させたことは十分に考えられます。ふざけているように見えるかもしれませんが、実際、古事記にはこのような連想や言葉遊びによる(と解釈するとすんなり理解できる)叙述が多くみられます。たとえば、前出の五組の対偶神は、後の神名が前の神名に、連想的に導き出されることで次々に生み出されたもの、と解釈することも可能です。

淡島

淡島は、あはしま、と訓みます。オノゴロ島と同じように、どの島を指すのか諸説ありますが、ここでも実際の地理のことは問題になっていません。軽んじる、疎んじる、という意味の、淡(アハ)む、という言葉があります。淡(アハ)には他に、緩い、淡い、薄い、頼りない、軽薄な、軽々しい、といった意味があり、淡島の「淡」にもそのような意味合いがこめられていると考えられます。水蛭子と違って島と名前は付いているけれど、弱々しくて頼りないものだったのでしょう。日本書紀本文では、初めに生まれたのは淡路州(あはぢのしま)となっています。こちらでも、やはりちゃんとした子ではなかったので、「吾(あ)恥(はぢ)」という名がついた、という説があります。いずれにしても、初めの子はできそこないとして疎んじられたことに変わりはなさそうです。

なお、最初の子が水蛭子や淡島だったのは、イザナギ・イザナミが近親婚だったせいだ、という説があるようですが、これは成り立ちません。その考え方だと、三番目以降の子たちがなぜみな健常なのか、の説明がつきません。最初に失敗し、それを乗り越えるための知恵や力をつけて、次は成功する、というのは物語の普遍的なパターンで、ここのくだりもその元型に従っているものと考えるのが自然です。

この段に対応する日本書紀本文のくだりは、「先づ淡路州を以て胞(え)とす。意(みこころ)に快(よろこ)びざる所なり」です(ただし古事記の淡島とこの淡路州は別物)。胞とは胞衣(えな)のことです。大系紀補注によると、スラウェシ、バリ、スマトラなどに、胞は兄や姉であるとし、生児を守護するという言い伝えがあったらしく、古代の日本にもそのような観念があったのではないか、ということです。ここのくだりは、そのような民間信仰と、上に述べたような物語の普遍的構造が組み合わさってできたものと言えるかもしれません。