ここで、天つ神一同の命によって、伊邪那岐命いざなぎのみこと伊邪那美命いざなみのみことの二神に、「この漂っている国土をつくり固めよ」と言い、天の沼矛ぬぼこを授け、委任した。そこで、二柱の神は、天の浮橋に立ち、その沼矛をさし下ろして、潮を「こおろ、こおろ」と音を立ててかきまぜ、引き上げる時に、その矛の先からしたたり落ちた潮が、積み重なって島となった。これを淤能碁呂おのごろ島という。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【天神】あまつかみ 高天原の神々。ここでは別天神たちのことか
  • 【天沼矛】あめのぬぼこ 「ぬ」は玉のこと
  • 【天浮橋】あめのうきはし 高天原と地上世界を結ぶ浮橋
  • 【淤能碁呂島】おのごろ島 「おのずから凝り固まってできた島」の意