「大八島国と神々の誕生」の記事一覧

イザナギ、ヒノカグツチを斬る~タケミカヅチほかの誕生

注釈 大八島国と神々の誕生

そこで伊邪那岐命いざなぎのみことは、佩はいていた十拳剣とつかつるぎを抜いて、子である迦具土かぐつちの神の首を斬った。そして、その御刀の先に付いた血が、多くの岩石にほとばしり付いて、成った神の名は、石拆いわさくの神。次に根・・・

イザナミを比婆山に葬るイザナギ、その涙からナキサワメ誕生

注釈 大八島国と神々の誕生

さて、そこで伊邪那岐命いざなぎのみことは「愛しい我が妻を、子ひとりに替えてしまった」と言って、その枕元に這いつくばり、その足元に這いつくばって泣いたときに、その御涙に成った神は、香具山の畝尾の木の本にいる。名を泣澤女なき・・・

Sponsored Link

トヨウケビメ、カナヤマビコ、ハニヤスビメ、ワクムスビほか

注釈 大八島国と神々の誕生

ヒノカグツチに陰部を焼かれて死んだイザナミの吐瀉物から、鉱山の神カナヤマビコ・カナヤマビメが、糞から土の神ハニヤスビコ・ハニヤスビメが、尿から水の神・ミツハノメが成り、さらにワクムスビが成ります。ワクムスビは農産の神で、・・・

オオヤマツミとノヅチが山と野の神々を生む~狭霧神ほか

注釈 大八島国と神々の誕生

この大山津見おおやまつみの神と野椎のづちの神の二はしらの神が、山と野を分け持って、生んだ神の名は、天之狭土あめのさづちの神、次に国之狭土くにのさづちの神、次に天之狭霧あめのさぎりの神、次に国之狭霧くにのさぎりの神、次に天・・・

Sponsored Link

天之水分神、国之水分神、天之久比奢母智神、国之久比奢母智神ほか

注釈 大八島国と神々の誕生

この速秋津日子はやあきづひこと速秋津比売はやあきづひめの二はしらの神が、河と海とを分け持って、生んだ神の名は、沫那芸あわなぎの神、次に沫那美あわなみの神、 次に頬那芸つらなぎの神、次に頬那美つらなみの神、次に天之水分あめ・・・

大屋毘古神、大綿津見神、速秋津日子神、速秋津比売神ほか

注釈 大八島国と神々の誕生

二神はすでに国を生み終え、さらに神々を生んだ。そうして生んだ神の名は、大事忍男おおことおしおの神。次に石土毘古いわつちびこの神を生み、次に石巣比売いわすひめの神を生み、次に大戸日別おおとびわけの神を生み、次に天之吹上男あ・・・

イザナミ、吉備児島、小豆島、知訶島、天一根、両児島、天両屋を生む

注釈 大八島国と神々の誕生

イザナギ・イザナミの国生みはさらに続きます。還り坐しし時、というのは、淡路島、四国、隠岐諸島、九州・・・とめぐって本州までの大八島を生み廻り、いったんオノゴロ島に戻ってきてから、ふたたび吉備児島以下を生み廻った、という意・・・

ページの先頭へ