また、食べ物を大気都比売神おおげつひめのに乞うた。そして大気都比売が、鼻や口や尻から、さまざまなおいしい物を取り出し、さまざまに調理し盛り付けて差し出した時に、 速須佐之男命はやすさのおのみことは、その様子を立ちうかがって、食べ物をけがして差し出すのだと思い、すぐさまその大宜津比売神を殺した。すると、殺された神の身体に成った物は、頭に蚕がなり、二つの目に稲種がなり、二つの耳に粟がなり、鼻に小豆がなり、陰部に麦がなり、尻に大豆がなった。そこで、神産巣日御祖命かみむすひのみおやのは、これらを取らせて種とした。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【大気都比売神】おほげつひめの神 「け」「げ」は食べ物の意、食物の女神
  • 【神産巣日御祖命】かみむすひのみおやの命 神産巣日神のこと、「御祖」は「母親」の意