そこで天照大御神あまてらすおおみかみは不思議に思って、天の石屋戸いわやとを細めに開けて、戸の内から、「私がここにこもっているので、天の世界は自然と暗く、また葦原中国あしはらのなかつくにもすべて暗いだろうと思うのに、なぜ天宇受売あめのうずめは舞楽をし、八百万の神はみな笑っているのだろう」と言った。すると天宇受売は、「あなた様にもまさる高貴な神がいらっしゃるから、喜び笑って歌舞をしているのです」と言った。そう言う間に、天児屋命あめのこやねの布刀玉命ふとだまのが、その鏡を差し出して、天照大御神に見せると、天照大御神はいよいよ不思議に思って、少しずつ戸から出て鏡を覗き込む時に、戸の脇に隠れて立っていた天手力男神あめのたぢからおのが、その手を取って外へ引っ張り出した。すぐに布刀玉命が、注連しめ縄を天照大御神の後ろに引き渡して、「ここより内へはお戻りになることはできません」と言った。こうして天照大御神が出てきた時に、高天原も葦原中国も自然と照り明るくなった。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【注連縄】しめなわ 立ち入り禁止の領域を示す、「しめ」は「占め」(占有)の意