そして、この、後に生まれた五柱の子のうちの天菩比命あめのほひのみことの子である、建比良鳥命たけひらとりのみこと【これは出雲国造いずものくにのみやつこ无邪志むざしの国造、上菟上かみつうなかみの国造、下菟上しもつうなかみの国造、伊自牟いじむの国造、津島県直つしまのあがたのあたえ遠江とおつおうみの国造らの祖先である。】
 次に天津日子根命あまつひこねのみことは、凡川内おおしこうちの国造 額田部湯坐連ぬかたべのゆえのむらじ茨木うばらきの国造、倭田中直やまとのたなかのあたえ山代やましろの国造、馬来田うまぐたの国造、道尻岐閇みちのしりのきへの国造、周芳すおうの国造、倭淹知造やまとのあむちのみやつこ高市県主たけちのあがたぬし、 蒲生稲寸かもうのいなき三枝部造さきくさべのみやつこらの祖先である。】

Sponsored Link

《言葉》

  • 【建比良鳥命】 たけひらとりのみこと 天菩比命の子、出雲国造らの祖神
  • 【国造】くにのみやつこ 「国の御家つ子」、大化以前に朝廷に服属した地方首長が任命された
  • 【直】あたへ 姓(かばね)の一つ、国造や県主に多く与えられた
  • 【連】むらじ 姓の一つ、大和王権では臣に並ぶ最高位とされた
  • 【造】みやつこ 「御家つ子」、朝廷に仕える人々の意、品部(ともべ)を率いた