さて、速須佐之男命はやすさのおのみことは、「それならば、天照大御神あまてらすおおみかみに申してから根の堅洲かたす国に参りましょう」と言って、すぐに天に参上した時に、山や川はことごとくどよめき、国土はみな震えた。
 すると、天照大御神はその音を聞いて驚き、「我が弟のみことが上って来るのは、善い心からではあるまい。私の国を奪おうと思っているからに違いない」と言って、すぐに御髪をほどいてみずらに結い、左右のみずらにも、鬘(かずら)にも、左右の手にも、八尺の勾玉をたくさん長い緒に通して作った玉飾りをそれぞれ巻き付け、背には千本の矢が入るゆぎを負い、わき腹には五百本の矢が入る靫を付け、また威力ある高い音を立てるともを身に着け、弓を振り立て、堅い地面を腿がめり込むくらいに踏みしめ、沫雪あわゆきのように土を蹴り散らかして、荒々しく地面を踏み込み、威勢よく雄々しく勇猛に振る舞いながら須佐之男命を待ち受け、「何のために上って来たのか」と問うた。
 速須佐之男命は、「私には邪心はありません。ただ、伊邪那岐いざなぎの大御神の仰せで、私が泣きわめくわけを尋ねるので、『私は亡き母の国へ行きたいと思って泣いているのです』と言うと、大御神が、『あなたは此の国にいてはならない』と言って、私を神やらいに追い出しました。それで、根の堅洲国へ行こうとする事情を申し上げようと思って、参上しただけです。他意はありません」と答えた。天照大御神は、「ならば、あなたの心の潔白は、どのようにして知るのか」と言った。そこで、速須佐之男命は、「めいめいがうけいをして、子を生みましょう」と答えた。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【美豆羅】みづら 男性の髪型、長く伸ばした髪を左右に分けて耳の上で結ったもの
  • 【鬘】かづら 髪飾り
  • 【八尺の勾玉】やさかのまがたま 勾玉はC字形の玉、翡翠や水晶を用いた
  • 【靫】ゆぎ 矢入れのこと
  • 【鞆】とも 矢を放った後の弦の反動から弓手を護るための道具、弦が当たる時に高い音を立てた
  • 【沫雪】あわゆき 泡のように脆く消えやすい雪
  • 【宇気比】うけひ 占いの一種