そして、それぞれの神が、伊邪那岐命いざなぎのみことの委任の仰せのままに治めている中で、須佐之男命すさのおのみことは、委任された国を治めずに、成人して長いあごひげが胸元に届くまで、泣きわめいた。その泣くさまは、青々とした山を枯れ木の山のように泣き枯らし、川や海はことごとく泣き乾してしまった。そして、悪神の声は夏の蠅のように充満し、あらゆる災いがことごとく起こった。そこで、伊邪那岐大御神いざなぎのおおみかみは、須佐之男命に、「なぜあなたは、委任した国を治めずに、泣きわめいているのか」と言うと、須佐之男命は、「私は亡き母の国である、根之堅洲国に参りたいと思って泣いているのです」と答えた。すると伊邪那岐大御神は大そう怒って、「それならば、あなたはこの国に住んではならない」と言って、ただちに須佐之男命を追放した。そして、その伊邪那岐大神は、近江の多賀に鎮座している。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【根之堅洲国】ねのかたすくに 「根」は底・地下、「堅洲」は借り字で「片隅」の意か