そこで伊邪那岐命いざなぎのみことは、「上の瀬は流れが速い、下の瀬は流れが弱い」と言って、初めて中ほどの瀬に降りて潜り、身体を濯いだ時に成った神の名は、八十禍津日やそまがつびの神。次に大禍津日おおまがつびの神。この二柱の神は、かのけがれた醜い国に行った時の穢れによって成った神である。
 次にそのまがを直そうとして成った神の名は、神直毘かむなおびの神。次に大直毘おおなおびの神。次に伊豆能売いつのめの神。合わせて三はしらの神。
 次に水の底で身体を濯いだ時に成った神の名は、底津綿津見そこつわたつみの神。次に底筒之男命そこつつのおのみこと
 水の中ほどで身体を濯いだ時に成った神の名は、中津綿津見なかつわたつみの神。次に中筒之男命なかつつのおのみこと
 水の表面で身体を濯いだ時に成った神の名は、上津綿津見うわつわたつみの神。次に上筒之男命うわつつのおのみこと

Sponsored Link

《言葉》

  • 【上瀬、中瀬、下瀬】 かみつせ・なかつせ・しもつせ 瀬は川の流れの速いところ
  • 【八十禍津日神、大禍津日神】やそまがつび・おほまがつびの神 「まが」は災禍のこと
  • 【汚垢】けがれ イザナギが黄泉の国にいたときに身体に付いた穢れ
  • 【神直毘神、大直毘神】かむなほび・おほなほびの神 「まが」った状態を元に「直」す意
  • 【伊豆能売神】いつのめの神 「いつ」は「厳」
  • 【底津綿津見神、中津綿津見神、上津綿津見神】そこつ・なかつ・うはつわたつみの神 「わたつみ」は海神
  • 【底筒之男命、中筒之男命、上筒之男命】そこ・なか・うはつつのをの命 「つつ」は諸説あり