この大山津見おおやまつみの神と野椎のづちの神の二はしらの神が、山と野を分け持って、生んだ神の名は、天之狭土あめのさづちの神、次に国之狭土くにのさづちの神、次に天之狭霧あめのさぎりの神、次に国之狭霧くにのさぎりの神、次に天之闇戸あめのくらどの神、次に国之闇戸くにのくらどの神、次に大戸惑子おおとまとひこの神、次に大戸惑女おおとまとひめの神。天之狭土神より大戸惑女神まで合わせて八はしらの神である。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【天之狭土神、国之狭土神】あめの・くにのさづちの神 土の神
  • 【天之狭霧神、国之狭霧神】あめの・くにのさぎりの神 霧の神
  • 【天之闇戸神、国之闇戸神】あめの・くにのくらどの神 峡谷の神
  • 【大戸惑子神、大戸惑女神】おほとまとひこ・おほとまとひめの神 未詳、道に迷う意か