そこで、二神はオノゴロ島に帰り降って、天の御柱を先ほどと同じように行きめぐった。そこで、イザナギが先に「あなにやし、えをとめを」(ああ、なんて素敵な女性なんだ)と言い、後からイザナミが「あなにやし、えをとこを」(ああ、なんて素敵な男性なの)と言った。
 こう言い終えてから交わり、淡道之穂之狭別島あわじのほのさわけのしまを生んだ。
 次に伊予之二名島いよのふたなのしまを生んだ。この島は身体は一つだが顔が四つあり、それぞれの顔に名前がある。すなわち、
 伊予国いよのくに愛比売えひめといい、
 讃岐国さぬきのくに飯依比古いいよりひこといい、
 粟国あわのくに大宜都比売おおげつひめといい、
 土左国とさのくに建依別たけよりわけという。
 次に隠伎之三子島おきのみつごのしまを生んだ。またの名は天之忍許呂別あめのおしころわけ
 次に筑紫島つくしのしまを生んだ。この島もまた、身体は一つだが顔が四つあり、それぞれの顔に名前がある。すなわち、
 筑紫国つくしのくに白日別しらひわけといい、
 豊国とよのくに豊日別とよひわけといい、
 肥国ひのくに建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけといい、
 熊曾国くまそのくに建日別たけひわけという。
 次に伊伎島いきのしまを生んだ。またの名を天比登都柱あめひとつばしらという。
 次に津島つしまを生んだ。またの名を天之狭手依比売あめのさでよりひめという。
 次に佐度島さどのしまを生んだ。
 次に大倭豊秋津島おおやまととよあきづしまを生んだ。またの名を天御虚空豊秋津根別あまのみそらとよあきづねわけという。
 そして、この八つの島をまず生んだことから、この国を大八島国おおやしまくにという。

Sponsored Link

《言葉》

  • 【淡道之穂之狭別島】あはぢのほのさわけの島 淡路島
  • 【伊予之二名島】いよのふたなの島 四国
  • 【伊予国、愛比売】愛媛県、エヒメ
  • 【讃岐国、飯依比古】香川県、イヒヨリヒコ
  • 【粟国、大宜都比売】徳島県、オホゲツヒメ
  • 【土左国、建依別】高知県、タケヨリワケ
  • 【隠伎之三子島、天之忍許呂別】隠岐諸島、アメノオシコロワケ
  • 【筑紫島】九州
  • 【筑紫国、白日別】福岡県、シラヒワケ
  • 【豊国、豊日別】大分県と福岡県の一部、トヨヒワケ
  • 【肥国、建日向日豊久士比泥別】佐賀・長崎・熊本県、タケヒムカヒトヨクジヒネワケ
  • 【熊曾国、建日別】宮崎県と鹿児島県、タケヒワケ
  • 【伊伎島、天比登都柱】壱岐、アメヒトツバシラ
  • 【津島、天之狹手依比売】対馬 アメノサデヨリヒメ
  • 【佐度島】佐渡島
  • 【大倭豊秋津島、天御虚空豊秋津根別】おほやまととよあきづ島 本州、アマノミソラトヨアキヅネワケ
  • 【大八島国】おほやしまの国 日本列島(の一部)